Das Begleitungswebportal für Großostasien

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| 【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
CH-47J "Chinook"@八尾駐屯地
 少し前のことですが、八尾駐屯地にて空自のチヌークに乗せていただきました。


左後方から。
續きを讀む
スポンサーサイト

ジャンル:政治・経済‐テーマ:軍事・平和

| 【2008/08/20 08:51】 | 兵噐・技術 | 被参照(0) | 意見(0) |
舞鶴地方総監部訪問+「みねゆき」
 一月二七日、舞鶴地方総監部ご訪問。総監部や併設の海軍記念館に関する丁寧な解説をいただいた。

舞鶴地方総監部第一庁舎



 そして、停泊中の護衛艦「みねゆき」を見学。(右に見えるのは補給艦「ましゅう」。第三護衛隊群「みねゆき」「じんつう」と共に映画『男たちの大和/YAMATO』撮影に協力)


DD-124「みねゆき」
 「はつゆき」型の第3番艦。昭和57年長崎造船所にて進水、昭和59年竣工。本艦は「みねゆき」として第二代目(初代は昭和27年に海保から移管された交通船)。
基準排水量:2,950噸
速力:30節
主要兵装:
 OTOメララ62口径76mm単装速射砲x1
 20mm CIWS(レイセオンMk.15ファランクス)x2
 MK29 8連装シースパロー発射機x1
 4連装ハープーン発射機x2
 8連装ASROC発射機x1
 MK32 3連装短魚雷発射管x2

 欲を言えば艦の中も見せていただきたかった。甲板は寒すぎる…
 とはいえ、我々一行のためだけに艦を公開して下さった総監部と「みねゆき」の皆様には、心から感謝です。
| 【2008/02/01 23:54】 | 兵噐・技術 | 被参照(0) | 意見(0) |
イージス護衛艦「こんごう」弾道弾迎撃実験成功
 イージス護衛艦「こんごう」に搭載された海上配備型迎撃ミサイル(スタンダード・ミサイルSM-3)の発射実験が17日午後(日本時間18日午前)、米ハワイ・カウアイ島沖で行われ、模擬ミサイルの迎撃に成功したようです。
 我が国において初の実験成功というだけでなく、米国以外において初めての成功ということで、これは極めて有意義です。

 この成功により、BMD(Ballistic Missile Defense)構想が更に現実味を帯びたことになります。ブッシュ政権の初期構想においてはミサイル防衛は「NMD(National Missile Defense)」及び「TMD(Theater Missile Defense)」として研究されており、現在においてはこれらは統合されMD(Missile Defense)と呼ばれるに至っています。今回の迎撃に使用されたSM-3対空ミサイルは、TMDの一部をなすNTWD(Navy Theater Wide Defense)に使用するミサイルとして開発されました。SM-3は日米共同技術研究の対象となっており、日本側は「赤外線シーカ(標的の識別・追尾)」、「ノーズコーン(赤外線シーカを保護する部分)」、「第2段ロケットモータ(全3段からなるロケットの第2段目)」、「キネティック弾頭(目標を直撃し破壊するための弾頭)」の4構成部分の開発に携わっています。

関連リンク
 護衛艦「こんごう」SM-3発射試験の結果について(MOD)
 ミサイル迎撃試験に成功 海自イージス艦(MSN産経ニュース)
 SM-3 実射テスト迫る(朝雲新聞社)
 防衛省技術研究本部 誘導武器担当(防衛省技術研究本部)
関連文献
 金田秀昭『弾道ミサイル防衛入門 新たな核抑止戦略とわが国のBMD』かや書房、2003年

ジャンル:政治・経済‐テーマ:軍事・平和

| 【2007/12/18 12:34】 | 兵噐・技術 | 被参照(0) | 意見(0) |
ATD-X「心神」関連


 ATD-X「心神」は、防衛省技術研究本部が三菱重工と共に開発を行っているステルス機。

 写真を見る限りではイーグルとラプターを足して2で割ったような形をしています(勿論開発が進めば形状も変わるでしょうが)。「心」のネーミングセンスは極めて良好。
 周知のように、国産ステルス機開発は米国がF-22の提供を渋ったために進められているわけですが、これはむしろ、我が國の軍事産業にとっては絶好のチャンスであるとおもいます。というのも問題の背景は「FSX問題」に通ずるところがあり、米国が今の態度を改めなければ、F-16のコピーに成り下がってしまったF-2のカタキをとることができるわけです。自業自得です。
 また、政治的独立を確保するためにも自力で技術開発を行うことは肝要です。いつまでも亜米利加様に手綱を握られているわけにはいきません。

 ただ陸上ステルス戦闘機もいいですが、そろそろ艦載機の運用も考える時期なのではないかとおもいます。

関連リンク
 トピックス(防衛省技術研究本部)
 朝雲ニュース(朝雲新聞社)
関連文献
 手嶋龍一『ニッポンFSXを撃て』新潮社、1991年

ジャンル:政治・経済‐テーマ:軍事・平和

| 【2007/12/06 02:57】 | 兵噐・技術 | 被参照(0) | 意見(0) |
DD108あけぼの【続】



「あけぼの」は「むらさめ型」の八番艦。
平成一四年竣工というから、自衛艦としては最新鋭の艦といえる。
「こんごう型」と同じくVLS(垂直発射システム)を装備しているが、イージス艦ではない。

akebono1.jpg

↑外國船籍の貨物船に對し、國旗を下げて答礼を返す。一國の軍艦は國家權力supreme powerの象徴でもあります。
| 【2006/09/27 20:03】 | 兵噐・技術 | 被参照(0) | 意見(2) |
| ホーム | 次頁
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。