Das Begleitungswebportal für Großostasien

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| 【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
ATD-X「心神」関連


 ATD-X「心神」は、防衛省技術研究本部が三菱重工と共に開発を行っているステルス機。

 写真を見る限りではイーグルとラプターを足して2で割ったような形をしています(勿論開発が進めば形状も変わるでしょうが)。「心」のネーミングセンスは極めて良好。
 周知のように、国産ステルス機開発は米国がF-22の提供を渋ったために進められているわけですが、これはむしろ、我が國の軍事産業にとっては絶好のチャンスであるとおもいます。というのも問題の背景は「FSX問題」に通ずるところがあり、米国が今の態度を改めなければ、F-16のコピーに成り下がってしまったF-2のカタキをとることができるわけです。自業自得です。
 また、政治的独立を確保するためにも自力で技術開発を行うことは肝要です。いつまでも亜米利加様に手綱を握られているわけにはいきません。

 ただ陸上ステルス戦闘機もいいですが、そろそろ艦載機の運用も考える時期なのではないかとおもいます。

関連リンク
 トピックス(防衛省技術研究本部)
 朝雲ニュース(朝雲新聞社)
関連文献
 手嶋龍一『ニッポンFSXを撃て』新潮社、1991年

ジャンル:政治・経済‐テーマ:軍事・平和

| 【2007/12/06 02:57】 | 兵噐・技術 | 被参照(0) | 意見(0) |
<<イージス護衛艦「こんごう」弾道弾迎撃実験成功 | ホーム | タイトル画像その他デザイン変更>>
意見
意見具申












管理者にだけ表示を許可する

被参照
被参照URL
http://daitouanavi.blog69.fc2.com/tb.php/30-1b76ed1f
この記事を参照する(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。