Das Begleitungswebportal für Großostasien

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| 【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
イージス護衛艦「こんごう」弾道弾迎撃実験成功
 イージス護衛艦「こんごう」に搭載された海上配備型迎撃ミサイル(スタンダード・ミサイルSM-3)の発射実験が17日午後(日本時間18日午前)、米ハワイ・カウアイ島沖で行われ、模擬ミサイルの迎撃に成功したようです。
 我が国において初の実験成功というだけでなく、米国以外において初めての成功ということで、これは極めて有意義です。

 この成功により、BMD(Ballistic Missile Defense)構想が更に現実味を帯びたことになります。ブッシュ政権の初期構想においてはミサイル防衛は「NMD(National Missile Defense)」及び「TMD(Theater Missile Defense)」として研究されており、現在においてはこれらは統合されMD(Missile Defense)と呼ばれるに至っています。今回の迎撃に使用されたSM-3対空ミサイルは、TMDの一部をなすNTWD(Navy Theater Wide Defense)に使用するミサイルとして開発されました。SM-3は日米共同技術研究の対象となっており、日本側は「赤外線シーカ(標的の識別・追尾)」、「ノーズコーン(赤外線シーカを保護する部分)」、「第2段ロケットモータ(全3段からなるロケットの第2段目)」、「キネティック弾頭(目標を直撃し破壊するための弾頭)」の4構成部分の開発に携わっています。

関連リンク
 護衛艦「こんごう」SM-3発射試験の結果について(MOD)
 ミサイル迎撃試験に成功 海自イージス艦(MSN産経ニュース)
 SM-3 実射テスト迫る(朝雲新聞社)
 防衛省技術研究本部 誘導武器担当(防衛省技術研究本部)
関連文献
 金田秀昭『弾道ミサイル防衛入門 新たな核抑止戦略とわが国のBMD』かや書房、2003年

ジャンル:政治・経済‐テーマ:軍事・平和

| 【2007/12/18 12:34】 | 兵噐・技術 | 被参照(0) | 意見(0) |
<<クリスマス・メッセージ | ホーム | ATD-X「心神」関連>>
意見
意見具申












管理者にだけ表示を許可する

被参照
被参照URL
http://daitouanavi.blog69.fc2.com/tb.php/31-cf95c11a
この記事を参照する(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。