Das Begleitungswebportal für Großostasien

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| 【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
日本の地政学(概要)二
■東京学派/京都学派地政学

 Haushoferの地政学ないし独逸学派地政学が日本で初めて紹介されたのは、1920年代のことであった。地理学者飯本信之(1896-1972)は大正14(1925)年、Geopolitikを「地政学」と翻訳しその意義の一端を論じた。更に1930年代後半には日本で本格的に「ハウスホーファー・ブーム」が始まり、Haushoferの東アジア・日本関係の著書の大部分が翻訳された。
 しかし独逸学派地政学は、必ずしも無批判に受容されたわけではない。独逸学派地政学の中に「欧羅巴的覇道主義」を見出し、これとは異なる「日本地政学」の構築を企図した一派があった。京都帝大教授小牧實繁を中心とするいわば地政学の「京都学派」である。小牧によると日本地政学は、「覇道」ではなく「世界の万邦をして各々其の堵に安んぜしむと仰せられた如き皇道の顕現」に翼賛すべきものであり、「世界本然のあるべき姿」即ち一種のアジア的農業社会を基盤とする運命共同体を顕示することにより達成されるものであった。京都学派地政学成立の背景としては、当時一般的な傾向として存在していた「日本主義」、「日本学」の隆盛を指摘できるが、同時にそれはいわゆる「汎亜細亜主義」と地政学との交叉であったとも言える。
 以上のような京都学派地政学は「(Ratzelの思想のうちに流れている)浪漫的見解」を展開するものであったと言われるが、これに対し政策科学としての地政学を目指す「東京学派地政学」も存在した。この一派は昭和16(1941)年11月に日本地政学協会を設立したが、前述の飯本はその代表的な一人であった。

 東京学派・京都学派がそれぞれ独逸学派地政学を批判しながらも受容を試みたのに対し、独逸学派地政学の受容そのものを拒否する地理学者もあった。飯塚浩二(1906-1970)は、独逸学派地政学の「地理的決定論」によって「社会的・歴史的存在としての人類の存在は抹殺される」ことを指摘した。この「方法論的欠陥」の指摘は、独逸学派地政学に対しては的を射たものであったとしても、その欠陥は凡そ地政学が不可避的に持つものであるか否かに関しては疑問の余地がある。

■東亜共同体論

 昭和研究会の東亜共同体論については、論者により若干の主張の相違があるが、ここでは代表的な東亜共同体論者として東京帝大教授蠟山政道を取り上げる。蠟山によれば、西洋のナショナリズム理論に基づいて設立された国際連盟やワシントン体制は「東洋を東洋として認める地域主義」を排除するものであった。しかるに中国国民党は、この西洋ナショナリズムを「平和と建設の究極原理」と誤解することによってそのまま受容してしまったのであり、この誤れる支那ナショナリズムを超克することが「地域主義」の使命である、というのである。従って、支那事変及び大東亜戦争は「東亜に新秩序を建設せんとする道義的理念的目的を有している」「聖戦」であるという認識となる。
 この蠟山理論は、近衛文麿の「東亜新秩序」声明を理論化・具体化する機能を果たすものであり、従ってそれが日本の外交政策に与えた影響は甚大であったと言えるであろう。

(おしまい)

参考文献
  • 三輪公忠編『日本の一九三〇年代』創流社、1980年

  • クリスティアン・W・シュパング「カール・ハウスホーファーと日本の地政学 第一次世界大戦後の日独関係の中でハウスホーファーのもつ意義について」『空想・社会・地理思想』第6号、2001年、pp. 2-21

  • 加藤陽子『戦争の近現代史』講談社、2002年

  • 大塚桂『大東亜戦争期の政治学』成文堂、2007年

  • 工藤章・田嶋信雄編『日独関係史 一八九〇-一九四五 Ⅰ』東京大学出版会、2008年

ジャンル:政治・経済‐テーマ:軍事・平和

| 【2008/06/22 12:42】 | 地政學 | 被参照(0) | 意見(3) |
<<ゼークトと戦間期の独支ソ関係 | ホーム | 日本の地政学(概要)一>>
意見
私は日本国内における地政学の動向については無知に近く、今回は大変勉強になりました。
独逸学派については原文にあたってじっくり研究したいと思うのですが時間的に無理という状況で非常に歯痒いです。
【2008/06/22 23:10】 URL | Neamhain #TK.GVu52[編集]
先月から大学院の授業でGeopoliticsについて勉強し始めたのですが、それを理解するのに大変参考になりました。ありがとうございます。
【2010/06/06 16:46】 URL | 静かなる大衆 #-[編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
【2012/04/12 18:12】 | #[編集]
意見具申












管理者にだけ表示を許可する

被参照
被参照URL
http://daitouanavi.blog69.fc2.com/tb.php/43-e7544835
この記事を参照する(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。